Youtubeでチャンネル登録者数を増やすコツ。初心者がやるべきこと!

こんにちはでりかです。

 

私は最近Youtubeでゲーム実況も初めてみましたが、初めて一ヶ月ですが、まぁ伸びないですよねw
このまま淡々とやっててもただ時間だけが勿体ないのでちょっと先人の知恵を借りようとチャンネル登録者数を増やすコツというものを調べてみました。

今回の記事では自分が調べたそのコツをまとめてみようと思います。
 

視聴者が動画を見つける方法

まず、自分がアップロードした動画を視聴者の方に見つけてもらうことが第一です。
視聴者は基本的に

  • Youtube検索
  • Google検索
  • ホーム画面でのおすすめ
  • 関連動画

などで動画を見つけます。
その中でも多くの視聴者の目に止まりやすいのが下二つのホーム画面でのおすすめ関連動画として表示されることです。
ただし、Youtubeにホーム画面でおすすめしてもらったり、他人の動画の関連動画として表示してもらうには、Youtubeが行うチャンネルの評価を高くする必要があります。

ではYoutubeはどのような基準でチャンネルを評価しているのでしょう。

実は正確なことは公開されていないのですが、巷ではチャンネル全体の高評価率チャンネルの総再生時間が関係していると言われています。
つまり、多くの人に見てもらって、多くの人に高評価ボタンを押してもらうと、動画がおすすめとして表示されやすくなる、ということです。

まぁでも多くの始めたばかりの方は「まず再生もされないんですけど!」という状態だと思います。
ですので、初めのうちはYoutube検索とGoogle検索からの流入に頼るしかないのです。多くの方がこの段階で挫折します。
しかし、ここを乗り切っておすすめや関連動画に表示されるようになれば一気に伸びるチャンネルに成長することができます。

おすすめ、関連動画に表示されるようになるまでにやること

Youtubeを始めたばかりの方がアクセスを集めるには、Youtube検索やGoogle検索からの流入が頼りです。
ですので、この段階では検索を意識した動画を作ることが大事になります。

 

例えば、私のゲーム実況のジャンルでは、Youtubeの検索欄にゲームのタイトルを入れると


このように検索の候補が出てきます。
これは”Apexlegends”というワードと一緒によく検索されているワードです。
つまりこれが視聴者の関心なのです。
そうと分かればまずは、このワードに沿った動画を作っていくのがいいでしょう。
例えば
「aceuの大会での立ち回りを解説してみた!」
という動画を作ったり
単純にタイトルにPS4版やPC版という単語を入れてみたり。

そういう工夫を繰り返していけば、ある程度検索からの流入が見込めます。
あとは動画の出来次第で、視聴者が評価してくれます。視聴者からの評価が良ければ(高評価や動画再生時間)おすすめや関連動画に表示される確率も上がり、更なる視聴者の獲得に繋がる、といった流れが出来上がります。

まとめ

①まずは視聴者に見つけてもらうために検索を意識した動画を作ること
②視聴者から高評価を得られる(高評価ボタンを押してもらえる、動画を最後まで見てもらえる)動画を作ること


今の時代、Youtubeを新規で始めるのは中々厳しいと言われていますが、市場が大きくなってきていることはチャンスでもあります。
序盤は動画を作っても再生もされない時期が続くとは思いますが、そこを乗り越えれば華やかな世界が待っています。
諦めずに頑張りましょう!


今回の記事は以上になります。
最後まで読んでくださりありがとうございました!